FC2ブログ

6.再交渉

Category『Distance from you』 本編
 4
シロンが回復するまでの期間で再訪の許しを得た類は、毎週土曜を心待ちにしていた。訪問が土曜に限定されるのは、仕事上の都合がつかないためだが、田村の協力もあって、毎週欠かすことなく類は訪問を続けた。
つくしの方も、次第に類の再訪を嫌厭するような態度を示さなくなった。それでも、距離を置いた冷静な態度は相変わらずだった。

7回目の訪問となったその日、類はシロンの変化に気付いた。
事故の発生から約1ヶ月半、10月20日のことだった。
骨折部位に固定されていたピンがすべて外されていたのだ。類の姿を見ると、シロンは嬉しそうに尾を振った。ハッハッと舌を出しながら類にじゃれかかり、後ろ足の回復ぶりをアピールした。

「…お陰様で、綺麗に治ったみたいです」
階下にいるものと思っていたつくしが背後からそう述べたのに、類は振り返って微笑を返した。対するつくしは、階段の上がり口で腕を組んで壁に寄りかかり、無表情にそれに応える。
「よかったな、シロン」
そう言ってシロンを撫でる類に、つくしが壁から背を離して告げる。
「花沢さん。最初にお約束した通りです。シロンは全快したと思います。お見舞いは今日で最後にしていただけませんか?」
突然の最終通告に、類は虚を衝かれてつくしを見つめる。
彼女はその目線に怯むことなく、真っ直ぐに類を見つめ返した。
「過分なほどに、お心を尽くしてくださったと思います。他の子達のことも可愛がってくださって、本当にありがとうございました。こうしてシロンも全快しましたし、花沢さんが訪問される理由ももうないと思います」


「…下で少し話せませんか?」
類は静かな声で許可を求め、つくしはそれに頷いた。
つくしは2階と3階で自分とペット達の居住空間を二分している。いつもより短い訪問時間となった類に、縋るようにして甘えるシロン達に、仕切りのためのゲートを閉めながら彼は微笑んだ。
「また来るから。…ね?」
つくしについて2階に下りると、ダイニングテーブルの上には紅茶の準備がしてあった。類がサンルームでの時間を終えて下りてくると、いつもそれを彼女が用意してくれていた。つくしは類に席を勧めた後、温めた茶器に紅茶を注ぎ入れ、類の方へと差し出した。
「…それで、お話って?」
時刻は1時半を示している。午後の診療までにはまだまだ時間があった。


「確かに私は、期間限定でここへの訪問を許してもらいました。もともと動物好きというわけじゃなかったんですが、だんだんここの子達に愛着がわいていく自分を自覚しました」
「それは…ありがとうございます」
つくしは小さく礼をする。
「きっかけは申し訳ないことでしたが、次第に週末が来るのが楽しみになっていきました。シロンは回復しましたが、今後も訪問することを許していただけませんか?」
類はさらりと希望を述べる。逢いたいのは動物達だけでなく、つくしに向けてもそうした想いがあることはまだ告げずにおく。
案の定、つくしは困惑の表情を浮かべた。


「…ちょっと、確認してもいいですか?」
つくしの前振りに、類は頷く。
「花沢さんはおいくつですか?」
「早生まれなので、年度末に31歳になります」
「独身でいらっしゃる?」
「えぇ」
「私は30歳になります。同じく独身です。……世間的にいい歳をした私達のこうした間柄は、いったい何に当てはまりますか? 友人でも恋人でも家族でもないあなたが、こうして私のプライベート空間に理由もなく出入りを続けることは、非常に奇妙なことだと感じます。ですから、お断り申し上げます」
辛辣であるのに、あくまでも丁寧なつくしの物言いに、類は思わず笑いを堪えきれずに吹き出した。


「…ぷっ…くく…」
「あの…全然、面白くないと思いますよ?」
―もう何なの、この人!
つくしは、目の前にいる男性の笑顔の裏側を見たような気がした。精巧なビスクドールのような美しい微笑は、やはり作り物だったのだと強い確信を得る。
「では、友人になるはどうです?」
「…は?」
「友人でしたら、ここに来ていいんでしょう?」
つくしの声が低くなる。
「……生憎ですが、女性の友人も男性の友人も充足しておりまして、空き枠はないように思います」
返答はにべもないが、類は笑顔を崩さない。
目の前の相手は、気難しい商談相手より、さらに難攻不落であるらしい。





ブログ村のランキングに参加しています。ポチッとお願いします☆

いつも拍手をありがとうございます。ピリ辛モードが続きます(;^_^A
関連記事
スポンサーサイト



4 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/11/13 (Tue) 22:27 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/11/13 (Tue) 23:22 | REPLY |   
nainai

nainai  

ゆ様

こんばんは。コメントありがとうございます(*´ω`*)

これまでの作品では類にときめかないつくしを描いたことがなく、匙加減が分からないのですが、けっこう楽しく書き進めています!
つくしは善戦しますが、相手は類なのでどうなることやら…💦

次回も二人の攻防が続きます。よろしくお付き合いくださいませ。

2018/11/14 (Wed) 00:12 | REPLY |   
nainai

nainai  

y様

こんばんは。コメントありがとうございます(*´ω`*)

今回の作品は前作と異なり、つくしがとても冷静沈着です。なぜこんなにもクールなのか、というところはおいおい明らかになっていきます。
これからのお話では類の奮闘が続きます。応援してやってください(;^_^A

次回も二人の攻防戦です。更新頑張ります!

2018/11/14 (Wed) 00:21 | REPLY |   

Post a comment