FC2ブログ

樹海の糸 ~11~

Category『樹海の糸』
 8
それからの類の行動には、目を見張るほどの敏捷さがあった。
再会した翌日のうちに、彼はあたしの両親の元に挨拶に来た。
あたしと彼の過去でさえ何も知らなかった両親は、彼が誰であるかを知ると体を仰け反らせて驚いた。パパは歓喜し、ママは涙を零して、あたし達の結婚を認めてくれた。
「高校の時、お弁当を作っていた相手は花沢さんだったのね」
ママが言うのを聞いて、思わずあたしの目からも涙が零れ落ちた。
進には電話でその旨を伝えた。彼も心からあたし達を祝福してくれた。

東京を拠点に音楽活動を行う予定でいた類は、仙台に暮らす意志を従兄である副社長に伝えた。副社長はその意向を汲んでくださり、仙台支店に助力を求めながら活動するように、と仰ってくださった。

3日と経たないうちに彼は市内のマンションを購入し、あたしと暮らすための住環境を整え始めた。自宅でもバイオリンの練習ができるようにと、一部屋には防音設備の工事も加えたようだった。
仕事で動けないあたしに代わって、類は家財や生活のための品を細々と揃えてくれたらしく、こうしていつの間にか新居は出来上がっていた。あたしは、ただ驚きの言葉しか出ない。

その週末には日帰りで東京まで足を運び、二人で類のご両親の元にご挨拶に伺った。初めて訪ねた花沢邸は想像に違わず立派な日本家屋で、ここでもあたしの気持ちは少し挫けてしまったけれど、類の手の温かさに励まされて、一緒に門扉をくぐった。
あたしのことはすでにご存じだったご両親は、温かく出迎えてくださり、結婚も快く認めてくださった。すべての物事が目まぐるしく、恐ろしい速さで進められていく。



「…類って、こんな行動派だった?」
お義父さんから婚姻届の証人欄に一筆もらった後、仙台へと戻る新幹線の中であたしが呆れたように言えば、類は得意気に笑う。
「やる気を出せば、ね」
繋がれた手がただ温かくて、あたしは安堵する。
―ずっと、この手を待っていた。

「…仙台に拠点を置いても、公演があるときや東京に呼び出されたときは長く不在にするし、それなりに寂しい思いはさせると思う」
ごめんね、という彼の言葉に、あたしは首を振る。
彼の今後の音楽活動を思えば、仙台ではなく東京に住んだ方が都合がいいことは自明の理だった。それでも類は、あたしの仕事を尊重し、あたしの希望を優先してくれた。
それ以上、彼に望むことなど何もなかった。

「紙切れ一枚のことだけど、こうしてつくしとの絆を人に認められるのは嬉しい」
「まだ信じられない気分。…花沢つくしになるのかぁ」
しみじみと呟いた言葉に、彼はくすっと笑う。
「結婚式はどうしたい?」
「あ…う…まだ、よくわかんない…」
そもそも結婚を決めたのが1週間前のことなのだ。
目まぐるしい変化に対応するだけで精一杯で、とてもそこまで頭が回らない。
「俺はどんな形式でもいいよ。…海外で二人きりの挙式、なんてのもいいね」
「…うん。…考えてみる…ね」

―ダメだ。あたしはまだこの幸せに慣れていない。
思わず涙声になると、類は驚いたようにあたしを見つめた。
そして柔らかく笑んで、また励ますように、あたしの手をぎゅっと握ってくれた。



翌週、あたし達は吉日を選んで市役所に出向き、婚姻届を提出した。
届けは無事に受理され、あたし達は夫婦になった。
「よろしくね、花沢つくしさん」
にっこりと微笑み合い、あたし達はまた手を繋いで歩き出す。
―再会して10日で入籍した事を報告したら、事務所の皆はどんな顔をするだろう。
類の隠れファンだった宮川さんの驚く顔が真っ先に目に浮かんだ。


―類。
―この先にどんな困難が待ち受けていても、二人で乗り越えていこうね。


あたし達を結ぶ糸はもう切れることはない。永遠に。
そのとき見上げた空の抜けるような青さに、あたしは胸を打たれた。
二人の望んだ未来が、その澄んだ空の向こうに見えるような気がして。



~Fin~


関連記事
スポンサーサイト



8 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/04/24 (Tue) 01:16 | REPLY |   
nainai

nainai  

星様

ありがとうございます。訪問者様、第一号です!

サイトオープンに際しましては、数多くのご助言をいただきまして、本当にありがとうございました。
星様のアドバイスを心の支えに、自分なりに頑張っていこうと思いますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします(*´ω`*)

2018/04/25 (Wed) 00:39 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/05/01 (Tue) 18:00 | REPLY |   
nainai

nainai  

”木の”様

ご訪問&コメントありがとうございます。

そうなんです。本当に読み手onlyの人間だったのです。
いきなり管理人になってしまって、今もあたふたしております。
”木の”様もサイトをお持ちなのですね。今ちょっくらお邪魔してきました。

今後ともよろしくお願いいたします。

2018/05/01 (Tue) 20:37 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/05/02 (Wed) 11:03 | REPLY |   
nainai

nainai  

あや様

ご訪問&コメントありがとうございます。

どちらも読んでくださったんですね~。嬉しいです♪
なりたてホヤホヤの管理人ですから、どうなることやらなのですが、
マイペースに頑張っていこうと思います。
いまはとにかく時間が欲しいですね~(^^;

お付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

2018/05/02 (Wed) 18:46 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/05/10 (Thu) 22:04 | REPLY |   
nainai

nainai  

mizu様

ご訪問&コメントありがとうございます。

ロングバージョンはいかがだったでしょうか。
星香様に寄稿した際には、文字数の関係でばっさりと削ったんです。
さすがに26000文字は多すぎるだろう…と(笑)

大好きな二人に純愛を貫いてもらおう!と思って書いたお話でした。
喜んでいただけて何よりです。

新しい連載もスタートさせました。今後ともよろしくお願いいたします。

2018/05/10 (Thu) 22:23 | REPLY |   

Post a comment