FC2ブログ

視線 ~15~

Category*『視線』
 2
“一寸先は闇”とはよくいったものだ。
昔の人はなんてドンピシャな表現を思いついたのか。
そう褒めてあげたい。


連休明け。
登校したあたしに注がれた視線には、これまでとは違った色が滲んでいた。
何ていうのかな? 嘲笑うような感じ?
ヒソヒソ話でも「やっぱりね」とか、「いい気味」とか。


はぁ…。
今度は何が起きてるんだろう…。



その理由は例によって、あの三人組が教えてくれる。
ある意味で、この人達は貴重な情報源と言えるのかもしれない。
ただ問題は、そこには必ず悪意が含まれるということだ。

「一昨日の夜、パーティーがあったんですの」

開口一番、浅井がそう言った。
あたしが怪訝な顔をすると、彼女は実に嬉しそうな笑みを浮かべた。
これぞ、まさに嘲笑。

「牧野さんはご存じなかったんですのね。会場には花沢様もいらしていたのに」

…花沢類が?

一昨日、夜には用事があるから、と彼が言っていたことを思い出す。
内容は聞かされてなかったけれど、夜会に出席するためだったんだと理解した。


「花沢様はある方をずっとエスコートなさっていたわ。誰かさんと違って、それはそれは清楚で美しい女性でしたの」
「それで、皆、理解したんですわ。あなたとのことは暇つぶし程度のお付き合いなんでしょうって」

浅井がスマートフォンを印籠のように突き出す。
そこには、花沢類と彼に寄り添う女性の姿があって。

…すごく、綺麗な子。

あたしが食い入るように画面を見つめるのを、クラス中が楽し気に眺めている。
集まる視線。クスクス笑い。ヒソヒソ話…。

「ねぇ、牧野さん。身の程が分かったでしょう?」
「あなた程度の女に花沢様の恋人面されるのは目障りなのよ。…それが分かったら、その行き過ぎた行動を改めてもらえないかしら」


そのタイミングで始業ベルが鳴る。
講師が教室に入ってきたので、浅井達の攻撃はそこで終了した。
あたしは無言で席に着いた。
ショックはあまりにも大きくて、思考は完全にストップしていた。


…綺麗な子だったんだよね。本当に。




その日は折しも雨だった。雨の日は庇のない非常階段でランチできないので、音楽室で落ち合うことになっている。

花沢類はいつも遅い朝食を自宅で摂ってくるから、お昼は抜くことが多い。
だけど最近では、彼に頼まれてお握りを持っていくことが習慣化していた。
あたしと一緒にランチしたいからって。

あたしはそれがとても嬉しくて。
飽きが来ないようにお握りの味を変えたり、中の具を工夫したりしていた。

自分の弁当箱とお握りケースをかかえて音楽室に向かう。
でも、今日はその足取りが驚くほど重かった。


花沢類に会ったら、何を、どう聞いたらいいだろう。
あの子は誰?って聞いてもいいかな。

『俺にとって、牧野はそういうのじゃない』
道明寺が教えてくれた、花沢類の一言が鮮明に甦ってくる。


…じゃあ、あたしって何なの?


一緒にいるときの花沢類は、日を追うごとに優しくなった。
彼の何気ない一言に、縁起のいい笑顔に、あたしはすぐ舞い上がってしまう。
以前よりずっと会話も増えた。
大事にされている、尊重されているんだって強く感じることができた。


彼が、あたし以外の誰かにも優しくするところなんて想像したくない。
そうしてもらえるのは、あたしの特権なんだと思いたかった。


それが、そもそも間違い?
それこそ思い上がり?



「牧野?」

彼の声が頭上から降り、あたしはハッとした。
無意識のうちに音楽室まで来て、入口で立ち竦んでいたようだ。
ドアを半分開けて、彼が問う。

「なんで入口に突っ立ったまま?」
「あ…えっと…」

花沢類はあたしの手の中から弁当箱を受け取る。
そして、微笑んだ。


「待ってた」


彼の声が優しく響いて。
いつもの笑顔にすごくホッとして。


我慢していた涙があっという間に溢れ、雫になってポロポロとこぼれ落ちた。






いつも拍手をありがとうございます。

気が付けば、連載が始まって早くも1ヶ月が経過。
モヤモヤ感満載の展開ですみません…(^ ^;)
まだまだ山あり谷ありですが、最後までよろしくお付き合いくださいませ。
関連記事
スポンサーサイト



2 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/08/08 (Thu) 08:13 | REPLY |   
nainai

nainai  

ゆ様

こんばんは。いつもコメントありがとうございます。
うっかり寝落ちしてしまい、返信がこのような時間に…💦

リリーズを登場させたのは今作が初めてですが、原作ばりの悪役にするつもりで書いています。選民意識の強い彼女達ですから、自分にできないことがつくしにはできてしまう事実は、そう易々と受け入れられないという一幕でした。

つくしの涙に、類がどう応えるのか。次話をお楽しみに(*^^)v

2019/08/09 (Fri) 02:32 | REPLY |   

Post a comment