FC2ブログ

視線 ~40~

Category*『視線』
 2
「類…ごめんなさい…。ご両親へのご挨拶は、見送らせてもらっていいかな。これからのこと、考え直したくて…」

その意思を示した時でさえ、牧野は微笑を浮かべていたから。
俺は、何か聞き間違いをしたのかと思った。


微笑は、俺に、彼女の本心を見えなくする。
返答に窮する俺を見上げるその瞳には、強い光が宿っていた。

「どういうこと…?」

俺の問いに、彼女がそのような考えに至った理由を述べる。
その最初から最後までを、棒を飲んだかの如く、身動きできないままに聞いた。



*****



この数日間、英徳に入ってからの学校生活を振り返ってみたんだ。
良いことも、悪いことも、全部。

秋以降は駆け足みたいな毎日だったし、立ち止まる暇もなかったから。
ゆっくり考える時間が出来たことは、あたしにとって有意義だったと思う。


考えれば考えるほど、自信がなくなってきたの。これから先、あなたの隣に立つ女性として、あたしはやっぱり相応しくないんじゃないかって…。



あたしね、自分を道徳的な人間だと思ってる。
いい人だと思われたいとか、褒められたいとか下心が全くないとは言わないけど、困っている人がいたら手助けしてあげたいし、少しでも力になりたい。
そして、これまでは、そういう行動を周囲にはプラス評価してもらってきたの。


だけど、類と一緒にいると、あたしはいつもマイナス評価される。
あれができないとか、こうではないとか、ダメなところだけが浮き彫りになる。
それが的外れな批評ではないのがまた、ツライところで…。

ちょっとぐらい善いことをしたって、類達の世界じゃ全然意味ないよね。
ハイスペックであることを求められてるんだもんね。



類は、人の視線を気にしないでしょう?
でも、あたしは自分に向けられる冷たい視線が嫌だった。
“目は口ほどに物を言う”って本当だなって、何度思ったか分からない。

どうしても、考えてしまうんだ。
ここにいるのが静さんだったら、皆はそんな視線を送らないんだろうなって。
だけど、あたしは、どんなに頑張っても静さんのようにはなれないから、嫌でも耐えるしかないって我慢してた。




類のお父さんが、類に見せたイルミネーション。
あなたは幼いながらに、あの光景から何か使命的なものを感じ取ったんだろうね。
だから、その後の試練に打ち克てた。
多くのことを習得できた類は、本当に立派だと思う。


でも、あたしは違ったの。
あの光景を美しいと感じる以上に、強い畏怖を抱いてしまった。
類と並び立って同じ景色を見るには、あたしはあまりに無知で無力で小さな存在で。
あなたを支えるなんておこがましくて、とてもじゃないけど無理だって…。



あたしなんかを、好きだって言ってくれてありがとう。
大切にしてくれて、ありがとう。
類の差し出してくれた手が優しくて、本当に嬉しかった。



でも、ごめんなさい。
あたし、これ以上、自分に無理させたくないの。

類と一緒にいるために、必死に背伸びし続けないといけないことに疲れてしまった。乗り越えなくちゃいけない壁の高さをやっと理解して、もう頑張れないと思った。

覚悟が足らなかったの。本当に。
自分の力量を過大評価しすぎてた。
努力すれば必ず叶うなんて、幼い考え方よね。



地味で、平凡なままでいいよ。
これまでの17年間を、自分なりに頑張って生きてきたつもりだから。
たぶんこれから先も、あたしは、あたしでしかいられないから。
特別な何かには、きっと、なれないの。


だから、ごめんなさい。
類の期待には、応えられそうにない。





*****



牧野の口調はどこまでも穏やかなのに、その言葉は俺の心をしたたかにぶった。
彼女は、俺を非難しているわけではない。
一貫して自分を卑下している。
俺の存在を締め出し、俺の考えの及ばないところで、自己完結してしまっていた。


もしかして今、彼女から別れを切り出されてる?


衝撃は徐々に痛みに変換されて、体を突き抜けていく。


実感が持てない。
彼女を、失おうとしているのかもしれないことに。






いつも拍手をありがとうございます。一番手直しの多かった第40話です。
つくしは例の事件を理由には挙げませんが、伝えていることは心の声です。
類はこれにどう応えるのか。
関連記事
スポンサーサイト



2 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/10/09 (Wed) 10:34 | REPLY |   
nainai

nainai  

ゆ様

こんばんは。いつもコメントありがとうございます。
結局はこういう展開です…💦

つくしは空白の数日間のことを類に明かしません。あくまでも自分に非があるという主張で、類に別れを切り出します。自分でも書いていて胃が痛かったです(;^ω^)

後半は、この一件を経て、二人がどのように成長していくのかを描きます。空白期間のことも徐々に明らかになってきます。今が下限です。最後まで応援よろしくお願いします。

2019/10/09 (Wed) 23:02 | REPLY |   

Post a comment